mail-entry-0.5.3リリースです

なんとか無事に動いているようなので、公開します。なんかさらに重くなったような気がします。
変更点は次の通り。
  • 複数カテゴリの指定に対応しました
  • トラックバック送信に対応しました
  • 設定編集画面を少しいじりました(絶対パスの表示機能改善と説明文加筆)
  • 改行コードを変更しました

複数カテゴリの指定方法


今までのカテゴリ指定は<カテゴリ名>という形でした。複数指定する場合は、<>の中に、":"(コロン)で区切って列挙します。たとえば、
<もばいるな日々:Movable Type:Mac>
という具合です。区切りに使っている":"は、設定により変更できます。

トラックバックの送信方法


メールの3行目、つまりカテゴリー指定の直後に、トラックバック送信先URLを<>で仕切って記述します。複数カテゴリ同様、複数のトラックバック先を指定できます。こちらは"|"で区切ります。たとえば、
<http://www.mobile-bozu.com/mt/mt-tb.cgi/238|http://www.mobile-bozu.com/mt/mt-tb.cgi/239>
という具合です。こちらの"|"も、設定により変更できます。
トラックバックを送信しない場合は、何も記述しなくてOKです。authorやカテゴリのように<>とする必要はありません。今まで通りに記述してください。
送信に失敗した場合は、Result画面にその旨が表示されます。次回再構築したときに送信されると思います。ただし、2カ所以上指定した場合は、全ての箇所に再送信されます。お気をつけください。

設定項目が追加されています!!


上記2箇所の機能強化のため、設定項目が2つ増えています。一度設定編集画面を表示すると、初期設定値(":"と"|")がセットされますので、このままでよければ、何もいじらずに[設定送信]をしてください。大抵の文字が使えますが、漢字などを使うと予期せぬ動作をすることも考えられます。半角記号を使うのが無難でしょう。とくに1文字である必要はありませんが、記述のしやすさを考えると1文字になってしまうと思います。

カテゴリの方は、カテゴリ名に含まれていない文字を、トラックバックの方はURLに含まれることのない文字を使いましょう。初期値は、一応その辺も考えて設定してあります。

設定編集画面の変更


0.5.0以降影響を及ぼした絶対パスの取得方法、そして0.5.2であきらめた絶対パスの取得。今回、また挑戦しました。mail-entry-config.cgiはブラウザからしかアクセスされないはずなので、そのことを前提に無難な処理をしています。これなら大抵大丈夫なはず。その代わり、シェルから実行するとエラーになります。
また、初めて設定編集画面を開いたときは、MTディレクトリとmail-entryディレクトリに値が自動記入されるようにしました。mail-entryがMTディレクトリ直下のディレクトリに格納されていることが前提なので、説明書での説明通りに設置していればうまく自動記入が働くと思います。

改行コードの変更


今まではLF(unix)を使用していましたが、CR+LFに変更しました。これにより、Windowsのメモ帳で開いた場合にちゃんと表示されると思います(未確認)ただし、mail-entry-config.cgiのみ、文字コードがEUC-JPなので、メモ帳だと文字化けします。Shift-JISにすると設定画面が一部文字化けしてしまうので、これだけEUC-JPになっています。なんででしょ?


こんなところでございます。例によってあんまりテストできていません。リリース文を書きながらまた修正したりしたので、ほころびがあるかもしれません。その場合は、すすんでお知らせください。お待ちしてます!

それでは、ダウンロードはこちらから!

アップーデートするには、mail-entry.cgi、mail-entry-config.cgi、rebuild_index.cgiを上書きコピーしてください。その他のファイルに変更はありません。また、上記にもある通り、設定項目が追加されていますので、一度設定編集画面を表示させ、[設定送信]ボタンを押してください。新規の項目に初期値が書き込まれます。

10 件のコメント

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10

アメックスのフリー・ステイ・ギフトで予約してみた