PictureGear Studio

初期画面
2002年の秋モデル頃のVAIOから、それまでの画像管理ソフトPictureGearに、フォトアルバム作成機能などを加えたPictureGear Studioがバンドルされるようになりました。
これがなかなか便利でして、PhotoshopElementsをのぞけば画像処理はフリーソフトでまかなっている私にとって、目から鱗のカルチャーショックを与えられました。

ふと思い立ち、試しにフォトアルバムを作ってみようとした訳なのですが、どうやって作るかといったら、画像の入っているフォルダを指定してやるだけ。
デジカメのデータをHDDに移し、そのフォルダを指定してやり、台紙をテンプレートから選び、写真の並べ方(ページに何枚写真を入れるか等)をこれも選択肢から選んであげればほらできあがり。

これでもうフォトアルバム作成行程の5割は済んでしまっています。あとはタイトルを付けてコメントを書いて。
写真をハート形にくり抜くといったこともクリックひとつです。もちろん周囲をぼかした効果も出来ます。

あららららら。

不満もありますよ。
 ・日付と時間が必ず記入されてしまうのがじゃま
 ・作成日時ではなく更新日時を見ているようで、Photoshopでレタッチしてしまうともとの日付が失われてしまう(手作業で直す必要あり)
 ・コメントの位置の調整はできない
 ・目次が必ず付く
他にも自由にならないことが山ほどあります。

でも、使いやすいしできあがりのクオリティはなかなかだし、そのまま製本してもらえるサービス(有料)も利用できます。
これってすごいですよね。

Windowsがいろんな機能を標準として取り込んでしまって競合企業から訴えられていますが(InternetExplorer)、ソニーもアルバム作成ソフト会社から訴えられるんじゃないかと思ったりして。

素人が年に一度程度使う分なら、これで十分だと思います。そんなものがパソコンに最初から入ってるだなんて、良い時代になりましたね~

2 件のコメント

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10

家族カードの暗証番号が分からない