IXYを活かせ!

初代「IXY DIGITAL」はCCDに補色フィルターを用いていたのが
特徴です。このため解像力はまあまあでしたが、やはり色が良くあり
ませんでした。その後、いろいろな試行錯誤の結果、オートホワイト
バランスが問題と分り、マニュアル設定すると、見違えるように鮮や
かになりました。白飛びも露出補正を用い適切な露出を決定すれば、
それなりに写ることも判明しました。


IXY DIGITAL 400のことを調べていたら、初代IXY DIGITALに関してこんな情報を発見しました。
ホワイトバランスをマニュアル設定にすればずいぶん発色が良くなるとのこと。いままでもたまにマニュアル設定で撮影したことがありましたが、たいていはオートで撮ってたからなぁ

でもコンパクトデジカメでいちいちマニュアル設定だなんて・・・ボタン一つで設定できればまだいいんですけどそうでもないので、ちょっと大変そうです。

ま、しかし、新規投資するよりは気軽ですかね。

コメントを投稿

このブログの人気の投稿

トランシーバーアプリzelloにオススメの片耳イヤホンマイク

買っちゃった ASUSのスティックPC VivoStick TS10

家族カードの暗証番号が分からない